外国人が見たニッポン

今では日本人でさえ浴衣と成人式くらいしか着物を着なくなっていますが、外国人から見たら目新しく華やかで「COOL!」なようです。外国人の中でも日本人の着物が人気なのはなぜでしょうか?

忍者シューズとは、地下足袋のことです。地下足袋は和装時に履く足袋と靴が一緒になったようなもので、足の親指だけがそれ以外の指と別れており、足裏がゴムで滑りにくい外履き用の足袋です。

日本人でも芸者と花魁の区別がつかない人がいますが外国人はもっとそうでしょう。舞妓、芸子、遊女なども分からず、全部まとめて「Geisha」と認識しているかもしれません。

外国人は意外にもニンジャとサムライは区別がついているようです。しかし映画やアニメの影響で誤解しているところもあるので、外国人が考える忍者と侍についてご紹介します。

日本髪は昔ながらの日本人女性の髪型ですが、今では和装の時でもなかなか日本髪を結うことは少なくなってきています。しかし、外国人は日本髪をとても魅力的だと考えているようです。

花街の女性について
花魁と言うと「遊女の位の高い人」というイメージの方も多いでしょう。こちらでは、花魁の歴史や髪型、着物、髪飾り、しきたり、廓言葉、階級、花魁道中など、奥深い“花魁”の世界をご紹介しています。
海外でも“ゲイシャ”という言葉は有名ですが、日本髪を結い、着物姿のため花魁と間違えられやすいですが、芸者はあくまでも三味線や歌、踊りなど“芸”を売る仕事をしている人のことです。
浅草は、下町の情緒と活気に溢れている町です。そんな浅草の町を散策する時に、着物を着てみてはいかがでしょう。着物に合う風景がたくさんあるので、思い出に残る写真が撮れること間違いありません。