今では日本人でさえ浴衣と成人式くらいしか着物を着なくなっていますが、外国人から見たら目新しく華やかで「KOOL!」なようです。外国人の中でも日本人の着物が人気なのはなぜでしょうか?

忍者シューズとは、地下足袋のことです。地下足袋は和装時に履く足袋と靴が一緒になったようなもので、足の親指だけがそれ以外の指と別れており、足裏がゴムで滑りにくい外履き用の足袋です。

日本人でも芸者と花魁の区別がつかない人がいますが外国人はもっとそうでしょう。舞妓、芸子、遊女なども分からず、全部まとめて「Geisha」と認識しているかもしれません。

外国人は意外にもニンジャとサムライは区別がついているようです。しかし映画やアニメの影響で誤解しているところもあるので、外国人が考える忍者と侍についてご紹介します。

日本髪は昔ながらの日本人女性の髪型ですが、今では和装の時でもなかなか日本髪を結うことは少なくなってきています。しかし、外国人は日本髪をとても魅力的だと考えているようです。