魅力的な浅草の町を着物で散策しよう

外国人観光客から人気の町といえば、はやり「浅草」でしょう。
浅草は、下町の情緒と活気に溢れている町です。
見どころも満載で、浅草のシンボルとも言える雷門をくぐり、仲見世を楽しみ、浅草寺を見て回ったり、浅草寺の裏手にある歓楽街・六区に行ったり、隅田川の川べりを、スカイツリーを見ながら歩いたりしてもいいでしょう。
そんな風情あふれる浅草の町を散策する時に、着物を着てみてはいかがでしょう。
浴衣以外の着物は、普段なかなか着ることが少なくなりました。
しかし、浅草には着物に合う風景がたくさんあります。
人力車に乗ったり、浅草寺や雷門をバックにしたりした写真を撮れば、思い出に残る一枚になること間違いありません。
また、着物を着て浅草を散策していると、多くの外国人から声をかけられたり、写真を撮らせてくれといわれたりして、世界各国の人と触れ合うこともあるでしょう。

浅草の雷門は、最近では外国人観光客も多く、日本の和を感じる絶好の場所として有名です。浅草のシンボルと言えば、誰に聞いても「雷門」という答えが高確率で返ってくるでしょう。

日本で最古の商店街・仲見世は、外国人観光客に人気のスポットです。仲見世はただ見て回るだけでも楽しいですが、着物を着て回ると、様々な場所で写真が撮れ、良い思い出になるでしょう。
浅草といえば、雷門で有名な浅草寺があります。浅草寺は、民衆信仰が強く、誰でも受け入れてくれるお寺として、多くの人に親しまれています。そんな浅草寺を着物姿で散策してはいかがでしょう。
浅草には浅草演芸ホールがあり、落語を楽しむことができます。日本の伝統芸能を着物を着て鑑賞すると、さらに日本の文化を楽しむことができます。着物を着て、落語を楽しみましょう。
浅草には、浅草ROXというショッピングモールがあります。買い物だけをするのもいいですが、日本の文化も楽しんでみてはいかがでしょうか。着物を着ると観光を更に楽しむことができます。
浅草には、駒形堂という隅田川を背に建っているお堂があります。日本の文化をより楽しみたい人は、着物で駒形堂を散策してみましょう。着物で街を散策できるのも観光ならではの楽しみ方です。
浅草の魅力は食べ歩きグルメがとても充実していることですが、和洋問わず昔ながらの名店が軒を連ねているスポットですので、ランチにこだわってみることがとてもおすすめです。
浅草神社に奉られている三人の神様のためにおこなわれる三社祭は日本古来の伝統と文化を堪能できるものであり、見どころがとても多い、充実した3日間の日程となっております。
浅草にあるかっぱ橋道具街では、料理に関するものであれば何でも揃うと言われております。観光ついでに散策しながら、ここでしか出会えない自分好みの一品を見つけてみてはいかがでしょうか。
東京観光に欠かせない浅草ですが、様々な観光スポットがある中、人気なのがB級グルメです。食べ歩きや、小腹が空いたときにぴったりで東京を感じることが出来るため、観光客にも人気です。
浅草七福神巡りとは浅草寺を始め、九箇所の有名な寺社を巡ることです。歴史ある寺社を巡るために、着物を着るのがおすすめです。雰囲気合わせた大人しい柄が人気です。歴史に触れてみましょう。
浅草六区通りとは、全長約100メートルの通りで、下町らしい小さな劇場や食事処などがあり、浅草観光におススメ場所です。着物レンタルができ、歴史を感じる劇場で芸を観るのもおすすめです。