海外でも有名な芸を売る仕事“芸者”

海外でも“ゲイシャ”という言葉は有名で、外国人の前で日本髪を結って着物を着ていると、かなりの確率で「ゲイシャ!」といわれるでしょう。 日本人の間でも、「花魁、遊女、芸者、舞妓・芸妓・芸子」の区別がつかないと言う人も少なくありません。 芸者はあくまでも三味線や歌、踊りなど“芸”に秀でた女性が、その芸を披露することで生計を立てている「芸を売る仕事」をしている人です。 こちらでは花魁や芸子、舞妓との違いや“ゲイシャ”という言葉が独り歩きしてしまった原因、芸者の歴史、芸者さんの名前が「貞吉」や「亀次郎」「菊奴」など、なぜ男性名なのか、日本各地の花街による芸者の特徴の違いなど、まだまだ知らない“芸者の世界”について詳しく説明しています。

芸者の歴史は古く、平安時代の白拍子から始まり、踊り子、遊女歌舞伎と形を変え、吉原の遊郭の遊女で芸に秀でた遊女を置くようになったことが、今の芸者の形へと発展していったといいます。
芸者は定吉や染太郎といったように男性の名前を名乗っていることが多いです。なぜ、芸者は男性の名前をつけているのでしょうか?これには諸説あるので、いくつかご紹介します。

現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
まるごとにっぽんは、日本各地のセレクトグルメを取り扱っており、浅草に居ながら様々な各地の魅力を楽しむことができます。日本の伝統や食文化を楽しめるということで、観光におすすめです。
下町の情緒を感じられる浅草を観光しながら、着物をレンタルして楽しむ人が増えています。慣れない着物でも、人力車に乗れば車夫さんがおすすめの観光地に連れて行ってくれます。
着物を着て浅草を楽しむのであれば、浅草公会堂で日本の伝統芸能を観劇してみてはいかがでしょうか。毎年、新春浅草歌舞伎は人気がありますが、様々なジャンルの催し物が開催されています。
東京都の下町浅草に縁結びで有名な今戸神社があります。夫婦の神様が祀られている為、夫婦招き猫が良縁を呼び、恋愛成熟すると言われている女性や海外の観光客に大人気の観光スポットです。
古き良き懐かしい雰囲気を楽しめる観音通りは、浅草らしいお店に出会える商店街となっております。下町の世界観に合わせて、着物に着替えてレトロな町を巡り歩いてみましょう。
都内で唯一お笑いなどの色物公演を行う演劇場である東洋館は、有名芸人を輩出してきたお笑いの聖地です。浅草でお笑いを楽しむならば、様々な演芸が披露される東洋館へ行きましょう。
浅草での遊び方は様々ですが、のんびりお散歩するのもおすすめです。浅草にはレトロな喫茶店がたくさんあります。レトロな喫茶店に行く際は、服装にこだわって着物を着ていきましょう。
浅草には、鷲神社がありおかめを撫でると福運が授けられると言われています。鷲神社に行く際は、服装にも気をつけましょう。特に決まりはありませんが、清楚で清潔感がある着物がぴったりです。
浅草のかっぱ橋では様々な種類の職人さんのお店がありますが、その中でも近年注目を集めているのが食品サンプルです。ストラップなどのお土産を買ったり、製作体験を楽しむことができます。