海外でも有名な芸を売る仕事“芸者”

海外でも“ゲイシャ”という言葉は有名で、外国人の前で日本髪を結って着物を着ていると、かなりの確率で「ゲイシャ!」といわれるでしょう。 日本人の間でも、「花魁、遊女、芸者、舞妓・芸妓・芸子」の区別がつかないと言う人も少なくありません。 芸者はあくまでも三味線や歌、踊りなど“芸”に秀でた女性が、その芸を披露することで生計を立てている「芸を売る仕事」をしている人です。 こちらでは花魁や芸子、舞妓との違いや“ゲイシャ”という言葉が独り歩きしてしまった原因、芸者の歴史、芸者さんの名前が「貞吉」や「亀次郎」「菊奴」など、なぜ男性名なのか、日本各地の花街による芸者の特徴の違いなど、まだまだ知らない“芸者の世界”について詳しく説明しています。

芸者の歴史は古く、平安時代の白拍子から始まり、踊り子、遊女歌舞伎と形を変え、吉原の遊郭の遊女で芸に秀でた遊女を置くようになったことが、今の芸者の形へと発展していったといいます。
芸者は定吉や染太郎といったように男性の名前を名乗っていることが多いです。なぜ、芸者は男性の名前をつけているのでしょうか?これには諸説あるので、いくつかご紹介します。

現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。
「芸妓(げいこ)」は京都の花柳界に限られ、それ以外の地域では「芸者」と呼ばれますがどちらも同じ職業です。「舞妓」は京都で芸妓見習いの女性を指しますが、関東の「半玉」と同義です。
現在の花街は、東京では新橋、赤坂、神楽坂、芳町、向島、浅草の六花街、京都は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の五花街などが有名です。芸妓もそれぞれの特徴や魅力で人気です。